デュラマックス・エンジン

ゼネラルモーターズ(GM)は、米国におけるいすゞ自動車とのエンジン合弁会社であるDMAXでの「ディーゼルエンジンの生産が10周年を迎えたと発表した。

DMAXはもともといすゞのディーゼルエンジン生産工場だったが、いすゞの業績悪化でGMが資本注入し、現在はGMが60%、いすゞが40%出資している。GMといすゞが資本提携を解消してから、両社の残り少ない提携事業となっている。

2000年7月以降、累計のエンジン生産台数は120万台にも達する。

DMAXで製造されるデュラマックスエンジンは、大型ピックアップトラックのシボレー『シルバラード』GMC『シエラ』、フルサイズバンのシボレー『エクスプレス』GMC『サバナ』に搭載されている。

DMAXでは、生産開始10周年を祝って、地域や政府関係者らが参加した式典を開催。この場でDMAXは、10月1日までに同社の施設を廃棄物埋立地フリーの施設にするという環境的公約を発表した。

GMは、製造廃棄物をリサイクル、あるいはエネルギーに変換する施設を世界に69保有しており、DMAXもこれに沿って廃棄物埋立地フリーの実現を目指す。

デュラマックス・エンジン デュラマックス6.6リットルV8ターボディーゼルとアリソン1000(MW7)後輪駆動用6AT。2011年型GMCシエラHDに搭載