JR各社は、10月1日からJR線と駅レンタカーとを組合せた「レール&レンタカーきっぷ」をリニューアルすると発表した。

レール&レンタカーきっぷは、一定の条件を満たしていると同一行程の旅行者全員の運賃が2割引、レンタカー料金が1割引となる。

今回、11月1日利用分からインターネットまたは電話で予約できるようになる。インタネット・電話による事前予約では、24時間受け付けるほか、窓口での購入よりもレンタカー料金が24時間ごとに500円割引となる。

また、割引条件も変更する。「片道・往復・連続」の営業キロ201km以上で、最初のJR線の出発駅から駅レンタカー営業所の駅までの最短距離が101km以上離れていることが割引条件となる。

駅レンタカーの利用は24時間単位のみの設定となり、利用車種も6クラスに見直す。