JX日鉱日石エネルギーは、自動車関連用品などを扱う子会社の新日石トレーディングとJOMOサポートシステムを経営統合する。

旧新日本石油系の新日石トレーディングと、旧ジャパンエナジー系のJOMOサポートシステムは、事業がほぼ重複している。両社のカーメンテナンス商品供給などのリテールサポート業務を統合することで、生産性の向上や管理部門のスリム化によるコスト削減に加え、JXが進めているサービスステーションのENEOSブランドへの統一を円滑に進める。

統合後は「JX日鉱日石トレーディング」となる。