LFAのエンジン

英国ロータスカーズが、9月30日に開幕するパリモーターショーで初公開すると見られる新型『エスプリ』。そのトップグレードに、レクサス『LFA』用の4.8リットルV10エンジンの搭載が計画されているという。

これは27日、米国の自動車メディア『Inside Line』(バイヤーズガイドで有名な『Edminds』が運営)が報じたもの。記事によると、ロータスは新型エスプリに世界のスーパーカーと対等の性能を持たせるため、LFA用の4.8リットルV10エンジンを選択するとのことだ。

LFAの「1LR-GUE」型4.8リットルV型10気筒エンジンは、ヤマハが開発したユニット。最大出力560ps/8700rpm、最大トルク48.9kgm/6800rpmを引き出し、LFAに0-100km/h加速3.7秒以下、最高速325km/h超という世界屈指のパフォーマンスを与えている。

ちなみに、ロータスとトヨタの関係は深く、現行ロータス車では、『エヴォーラ』がトヨタ製3.5リットルV型6気筒、『エリーゼ』が同じくトヨタ製1.6/1.8リットル直列4気筒、『エキシージ』が同1.8リットルを積む。それだけに、新型エスプリにLFA用エンジンが移植される可能性は、十分あり得る話だ。

さらに同メディアは、新型エスプリの標準グレードには、レクサス『IS-F』用の2UR-GSE型5.0リットルV8(423ps、51.5kgm)が採用されると報道。これが事実なら、新型エスプリの運動性能は、非常に高い水準にあると見て良さそうだ。