NTTドコモは27日、iモードと同じメールアドレスを使ったメールサービスを利用できるスマートフォン向けISP「spモード」を9月1日から提供すると発表した。

spモードは、スマートフォン向けのISPで、契約者はスマートフォンからのインターネット接続に加え、spモードメールアプリをダウンロードすることでiモードと同じメールアドレスを使ったメールサービス、絵文字やデコメールが利用できる。

スマートフォン利用者の利便性を高めて、スムーズに移行してもらうのが狙い。

また、スマートフォンでコンテンツを購入した場合の代金を、毎月のドコモのケータイ料金と一緒に決済できるコンテンツ決済サービスも提供する。

オプションサービスとして「メールウイルスチェック」や、「spモードフィルタ」、「spモードフィルタカスタマイズ」などのアクセス制限サービスも提供する。