カローラ北米仕様(2005〜2008年型)

米国トヨタ販売は26日、2005〜2008年モデルの『カローラ』と『カローラマトリックス』合計約113万台を、リコール(回収・無償修理)すると発表した。

カローラは、日本仕様とは異なる北米専用車。また、マトリックスはGMと共同開発されたモデルで、GM版はポンテアック『バイブ』を名乗る。

トヨタによると、ECM(エンジン・コントロール・モジュール)に不具合があり、走行中にエンジンが停止する恐れがあるという。1ZZ-FE型1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンを積み、FF駆動方式のモデル約113万台が対象だ。

トヨタはこの不具合で3件の事故が起きたことを認めており、そのうち1件では、乗員が軽傷を負ったという。米国トヨタ販売は、交換部品の供給体制が整う9月半ばから、リコールに着手するとしている。

カローラマトリックス(2005〜2008年型)