鈴木修会長と新型スイフト

鈴木修会長兼社長は26日、都内のホテルでの発表会見に出席、新型『スイフト』の世界販売計画について「2004年に発売した初代モデルを上回るレベルを目指したい」と述べた。

旧モデルは発売後約6年を経過した現在、「124か国で累計180万台を販売した」(鈴木会長)実績をもつ。海外営業本部長の鈴木俊宏専務役員は、日本を除く海外市場で「年間30万台以上を狙いたい」と語った。

スイフトは同社初の「世界戦略車」として開発し、日本のほかインド、ハンガリー、中国でも生産している。新型車はまず日本で投入し、年4万3000台を目標としている。
鈴木会長は「初代の良さを最大限踏襲し完成度を高めた」と自信を示し、12年には新たにタイでも生産することから「(インドを含む)アジアを中心に販売したい」と、述べた。

鈴木修会長 スイフト新型 スイフト新型