23日午前4時10分ごろ、神奈川県川崎市川崎区内の市道で、交差点を直進してきたバイクと、対向車線側から右折してきた乗用車が衝突する事故が起きた。この事故でバイクの運転者が負傷。警察はクルマを運転していた47歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕した。

神奈川県警・川崎署によると、交差点には対向車線から右折してきたバイクの方が先入していたとみられるが、そこに直進の乗用車が衝突。バイクを運転していた横浜市鶴見区内に在住する36歳の男性は転倒した際に路上へ投げ出され、打撲などの軽傷を負っている。

乗用車を運転していた横浜市鶴見区内に在住する47歳の男からは、呼気1リットルあたり0.4ミリグラムのアルコール分を検出したことから、警察は自動車運転過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

現場は川崎市川崎区小田1丁目付近。調べに対して男は「酔っていることはわかっていたが、朝早い時間なので検問には引っかからないと思った」などと供述しているようだ。