GENEO-HYBRID 4.0t

豊田自動織機は8月26日、9月14〜17日に東京ビッグサイトで開催される「国際物流総合展2010」に出展すると発表した。

今回のブースのテーマは「環境・安全・物流効率化へのトータルソリューション」。トヨタグループとして世界トップクラスの環境性能を実現したハイブリッドフォークリフトを出展する。ハイブリッドフォークリフト『GENEO-ハイブリッド』は、エンジンと電動モーター、バッテリーを最適に組み合わせた独自のハイブリッドシステムを搭載し、現行ディーゼル車と同等の作業性能を確保しながら燃料消費量・CO2排出量ともに50%低減したモデル。

また、積載荷重0.6から8.5tまで揃えた電動フォークリフトなど、環境対応車を展示する。

30分ごとに上演する2種類のデモンストレーションでは、具体的な導入事例を映像と実機を使って紹介し、来場者に物流改善を提案する。