レクサス、日本導入から5周年

レクサスの国内導入から2010年8月で5周年となった。ドイツの御三家、BMW、メルセデスベンツ、アウディ、のプレミアムブランド市場に食い込むべく登場し、当初の販売目標は年間5万〜6万台を掲げていた。

しかし、レクサスの2009年の販売台数は2万8167台といった状況だ。ただ、ドイツ御三家の2009年の販売台数は、BMW2万9090台、メルセデスベンツ2万8740台、アウディ1万6171台となっており、当初の目標には届かないが、ドイツ御三家とは販売台数で肩を並べている。

この状況について、レクサスセンター製品企画チーフエンジニアの古山淳一氏は「アメリカではベンツやBMWに並ぶブランドとなるのに20年かかった」といい、これからも長期的なスパンでブランドを構築していく考えを語った。

また、これまでのレクサスオーナーについては「トヨタ車からの乗り換えが多いが、輸入車ブランドからの乗り換えも増やしていきたい」(古山氏)と、輸入車オーナーにも認められるブランドとなるには、「我々技術者としては良いものを作り続けていくしかない」(古山氏)と語った。

レクサス、日本導入から5周年 レクサス、日本導入から5周年 レクサス、日本導入から5周年 レクサス、日本導入から5周年