A3 現行型

アウディが、早ければ2012年にも発表予定の次期『A3』。アウディは、その派生モデルとして、4ドアセダン版を開発しているという。

これは24日、ドイツのメディアの報道で明らかになったもの。記事によると、アウディは次期A3に4ドアセダンを設定し、主に米国で販売するプランを描いているという。

現行A3は、3ドアと5ドアのともにハッチバックボディだけを用意。米国でもA3は販売されているが、もともと米国は4ドアセダンに対する需要が根強い国。そこでアウディは、『A4』の下に位置する4ドア車として、A3のセダンを開発しているというのだ。

また、ライバルのBMWには『1シリーズ』があるが、クーペとハッチバックのみ。メルセデスベンツも『Cクラス』の下には、ハッチバックの『Bクラス』と、4ドアセダンは存在しない。これも、アウディがA3にセダンを投入する大きな理由だという。

いわば、A3のセダンはニッチマーケットを狙ったモデルとなる見込み。『A4』がモデルチェンジの度に、ボディサイズを大型化していることもあり、A3セダン実現の可能性は高いといえるかもしれない。