福岡県の大手タクシー会社の第一交通産業は、NTTドコモ、JR九州、三井住友カードと協力し、「iD」「SUGOCA」とクレジットカードの3つの決済サービスを9月15日から福岡県内のタクシー1000台に導入する。

iD、SUGOCA、クレジットカードの3決済の共用端末導入は、全国で初めて。タクシーのキャッシュレス化を促進して利用者利便の向上を図るとともに、タクシーのセキュリティ対策を強化する。

第一交通産業は2008年4月から後払い電子マネーのiDを福岡市のタクシー全車両に導入している。今回、これに加え、JR九州が発行し、九州エリアで流通が拡がっている電子マネーSUGOCA、クレジットカード決済の3決済に対応した共用決済端末を福岡市のタクシー400台、北九州市のタクシー600台に導入する。

今回、複数決済に対応する端末を全国に先駆けて導入することで、地域の利用者へのサービス向上を図る。