超寿命ピニオンシャフトSHX3

日本精工は、オートマチックトランスミッション(AT)のプラネタリ(遊星)機構向けに長寿命化した「超寿命ピニオンシャフト」を開発した。

新開発したシャフトは、同社オリジナルのSHX3材に専用熱処理を施すことで、耐久性疲労強度の向上と熱変形曲がりを抑制、従来比2.5倍以上の長寿命化を実現した。

同一条件なら従来品と比べて20%小型・軽量化し、過酷な使用環境にも対応する。攪拌抵抗が少ない低粘度オイルに対応し、オイルポンプの小型化に伴う過酷潤滑に対応することで、燃費向上にも貢献する。また、ATやハイブリッドカー、CVTなど高速回転化にも対応する。

同社は新製品で2015年に売上げ20億円を目指す。