8月24日現在の状況

次世代自動車振興センターが25日発表した「エコカー補助金の執行状況」によると、8月24日現在の補助金の残額は約663億円。1日の申請受理金額は、18日・29億円、19日・30億円、20日・30億円、23日・29億円で、24日は37億円を記録した。

直近5営業日を平均すると1日あたりおよそ31億円を消化している状況。補助金総額約5837億円に対して申請受理金額は約5174億円となった。今後、仮に駆け込みの申請が集中して1日40億円ペースとなると残り16日分、あと3週で終了となる。

既に、トヨタのウェブサイトには8月15日以降注文分の『プリウス』に関しては補助金対象外になると掲載されている。プリウスは8月15日以降注文分が10月上旬以降の工場出荷予定。プリウスに限らず、これから新車の注文をいれても補助金対象外となる可能性は高い。補助金終了までの残り1か月は、すぐに登録が出来る在庫車販売がどれだけ伸びるかに注目が集まる。

8月24日現在の状況