チャージャー・バースト

クライスラーグループは24日、ダッジ『チャージャー・パスート』を発表した。2011年モデルとしてモデルチェンジを受ける新型「チャージャー」が、米ポリスカー仕様として先行公開された形だ。

新型チャージャーは開発段階から、ポリスカーとしての使用を想定。チャージャー・パスートでは、製造ラインで警察向け装備、「ポリス・インターフェイス・モジュール」を簡単に組み込めるシステムを採用する。このほか、専用フロントシート、コラムAT、ナイトビジョンなどが標準だ。

足回りは、サスペンションを専用チューン。ABSはヘビーデューティ仕様に交換された。前後スタビライザーや18インチタイヤ、専用設定の2モードESCも採用している。

エンジンは気筒休止機構付きの5.7リットルV8「HEMI」と、新開発3.6リットルV6の2ユニット。V6はガソリン15%にエタノール85%を混合したE85燃料にも対応する。

チャージャー・パスートは9月から、全米の警察向けの受注を開始。一般顧客向けの新型チャージャーも、間もなく発表される見込みだ。