進化したSA『エクスパーサ』新ブランドロゴ

NEXCO中日本(中日本高速道路)は24日、グループ会社の中日本エクシスが運営する5つのサービスエリアにおいて、『EXPASA(エクスパーサ)』のブランドネームで商業施設を展開すると発表した。

新ブランドが採用されるのは、東名・足柄SA(上下線)、東名阪・御在所SA(上下線)、名神・多賀SA(下り線)、の5つのサービスエリア。

まず、御在所SA(上下線)が、9月17日にオープンし、一部リニューアルオープンしている東名高速道路 EXPASA足柄(上下線)、名神高速道路 EXPASA多賀(下り線)においても、2010年内にグランドオープンする予定。

EXPASAでは、EV急速充電スタンドの設置のほか、CO2排出抑制を目指し、LED照明、節水型便器、ヒートポンプ空調、複層ガラス・屋上緑化・遮熱性舗装、アイドリングストップ給電スタンド、などを採用する省エネ施設とした。

ブランド名の「EXPASA」は、現在のSA・PAの概念を超えるという意味を込めたEXCEED・EXCELSIORの「EX」と、パーキングエリアの「PA」、サービスエリアの「SA」を組み合わせたもの。

9月17日にオープンするEXPASA御在所では、東海地区の名産・味覚を取り揃えた31店舗(上り線:15店舗、下り線:16店舗)により、「デパ地下」感覚を味わえるという。

EXPASA御在所(上り線) EXPASA御在所(下り線)