決勝戦の前にベイブレード宣言が読み上げられた。 ベイブレード大使に任命されたキム・ウジュくん(左)とキム・ドンヒョンくん

現代版ベーゴマ玩具、タカラトミー『ベイブレード』の国際大会「メタルファイトベイブレードアジアチャンピオンシップ2010」が22日、韓国・ソウルで開催された。当日は、約4000人の子どもたちが本イベントに参加し、熱戦を繰り広げた。

本大会は、国内で2400万個を出荷し、アジア各国でも支持の高い「メタルファイトベイブレード」の国際大会であり、日本・韓国・香港の3つの国と地域が参加した。主催は韓国のSonokong Co., Ltd.、同じくTooniverse、協賛がタカラトミー。

メインイベントの「決勝トーナメント」では、各国代表ブレーダー4名ずつ計12名が、「アジアナンバーワン」の座をかけて戦い、ジュニアクラス(小学1〜2年生)では、日本代表の大塚隆生(オオツカ・リュウキ、8歳)選手が、レギュラークラス(小学3〜6年生)では、日本代表の井田圭人(イダ・ケイト、11歳)選手が優勝した。

子どもたちは、ベイブレードを通して、言葉や文化は異なりながらも、同じルールのもと、それぞれのコマに工夫を凝らしながら、一緒に遊び、楽しく国際交流を図った。

ベイブレードは、日本の伝承玩具「ベーゴマ」を現代風にアレンジした玩具で、小学生男児をターゲットに、子どもたちの「バトル」「カスタマイズ」「コレクション」する楽しさを追求した。現在では、アジアを中心に約10の国と地域で展開しており、2010年内には北米・欧州を中心とする約20の国と地域で海外展開を開始する。

また大会では、ベイブレードを通して国際親善をPRする「ベイブレード大使」に任命された、韓国の子供コメディアンのキム・ウジュ(8歳。日本でも有名な女性コメディアン、チョ・ヘリョンの息子)と、キム・ドンヒョン(12歳。韓国のコメディアン、キム・グラの息子)が登壇し、子どもたちの「平和」「友情」「夢」の架け橋を目指す『ベイブレードソウル宣言』掲げた。


ベイブレードソウル宣言

●ベイブレードには熱き情熱と知性、フェアプレーで挑め!……知力・創造力・集中力・体力を総動員し、ブレーダーが胸に熱く秘めたベイ魂と、健全な心をもって、正々堂々と戦います。

●ベイブレードで勝ち負けを超えた友情をつかめ!……ブレーダー同士、互いを尊重し、友情を育みながら相互に高め合い、共に同じルールで精一杯戦う喜び、勝敗だけではなく一緒に参加することの楽しさを分かち合います。

●ベイブレードに国境はない!……日本発のベイブレードが、国境も、言葉の壁も越え、年齢、性別に関わらず世界中の子どもたちの絆を深め、コミュニケーションを活性化します。

人で賑わう会場 レギュラークラス決勝戦:日本代表VS香港代表 戦いに勝ってガッツポーズ。 ジュニアクラス:日本VS韓国 表彰式。 中央左がジュニアクラス優勝の大塚隆生くん、中央右がレギュラークラス優勝の井田圭人くん