iPhone 4

日本通信は23日、アップルのSIMフリー版『iPhone 4』向けマイクロSIMを発表した。このSIMカードを利用すれば、NTTドコモの回線でiPhone 4を利用できる。

ソフトバンクモバイルが販売するiPhone 4はSIMロックが掛けられているため、ユーザーが通信回線を選択できない。しかし、海外のiPhone 4は、SIMロックが掛かっていないSIMフリー版が販売されている。国内でのSIMロック解除は自由化されるものの、ソフトバンクは競争力が失われるとして国内で販売するiPhoneにはSIMロックをかけ続ける方針を明確に示している。

日本通信が販売するSIMフリー版iPhone 4ならドコモの回線を選択可能で、日本での電波法の認証を受けているため、問題なく利用できるようになる。

販売するのはマイクロSIM製品「トーキング・b-マイクロSIMプラチナサービス」。ドコモの800MHz帯及び2GHz帯対応のFOMAネットワークを利用可能で、メールやウェブ、マップやYouTube、App Storeからのダウンロードにも対応している。

プラチナサービスは、定額データ通信5280円に、通話サービス基本料980円(1050円分の通話料を含む)がセットで月額基本料6260円。

iPhone 4