キザシ最高速チャレンジ(動画キャプチャ)

スズキ『キザシ』が18日、米国ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツ州立公園で行われた「ボンネビル・スピードウィーク」において、203.720マイル/h(約328km/h)というクラス新記録を達成した。動画共有サイトでは、その様子が公開されている。

アメリカンスズキモーターは、ターボチャージャーを追加するなど、フルチューンを施した2.4リットル直列4気筒エンジン(513ps、71.2kgm)を積むキザシで、同大会の過給器付きガソリンエンジン搭載クーペ部門に出走。運転は、米自動車専門誌『ロード&トラック』のサム三谷氏が担当した。

そしてキザシは見事、従来レコードの202.301マイル/h(約326km/h)を上回る203.720マイル/h(約328km/h)という新記録を打ち立てた。

『ロード&トラック』が公開したチャレンジの映像は、動画共有サイトで見ることができる。

キザシ最高速チャレンジ(動画キャプチャ) キザシ最高速チャレンジ(動画キャプチャ) キザシ最高速チャレンジ(動画キャプチャ) キザシ最高速チャレンジ(動画キャプチャ) キザシ量産型