MINI E

BMWグループは、電気自動車(EV)導入に向けてドイツ国内で1年間にわたって実施してきた大規模パイロット・プロジェクトを終了した。

プロジェクトでBMWグループは、EV『MINI E』を15台用意し、テスト期間中、ミュンヘンとその近郊に居住する約100人のドライバーに排出ガスを出さない自動車の走りを体験してもらった。総走行距離は15万kmを超えた。

電力面では欧州最大手エネルギー会社E.ON社のバイエルン州水力発電所が協力した。

同プロジェクトでの15台のMINI Eのテストは、EVの実用性を評価するために全世界で600台を超えるMINI Eを投入して昨年から実施してきたパイロット・テストの一環。

テストの結果、充電1回あたりの走行距離が150〜180kmでも、都市部でのニーズはほとんどの場合カバーされることが確認されたとしている。充電行動でもMINI Eのユーザーの場合、自宅の車庫での充電が最も多く、次が職場だった。駐車時間が長時間に及ぶ場所で、E.ON社が運営する公共充電スタンドの利用は3番目にとどまった。1日の走行距離がMINI Eの航続距離に達しないケースも多かった。

また、環境負荷の少ないグリーン電力に対する消費者の支持が非常に高いことも確認されたとしている。テストに参加したドライバーの多くが、再生可能エネルギー利用のためなら割り増し電気料金を支払うことに大きな抵抗を感じないと回答。

BMWグループは今回のテストで得られたEVの利用実態を分析、2013年に発表するEV『メガシティ・ビークル』の開発に活用する計画。

MINI E